いぼを美しく治療する方法【美容整形外科での治療がおすすめ】
診察

ワンランク上の美を目指す

クリニックでいぼの治療を行う時は費用を確認しておくと、支払いをする時に問題が起こらないので安心です。複数のいぼを治すと大きな負担になる場合もありますが、医療ローンを上手く使えば少ない費用で問題を解決できます。

詳しく見る

顔に触れる女性

美容外科で受けられる手術

皮膚にできたいぼの問題は美容整形外科の、クリニックで治療を受ければ短時間で問題を解決できます。利用できる治療法は複数ありますけど、保険が利用できない方法を選んだ時は支払いをどうするか考えなければいけません。

詳しく見る

男性医師

通院に欠かせない必須知識

いぼ治療の優良病院を見極める基準は、患者への対応と失敗リスクの低さです。患者とのコミュニケーションは十分か、知識と経験は豊富かの二点を重視しましょう。予約時間に遅れそうなら連絡を入れるなど、礼節を払うことも重要です。

詳しく見る

看護師

美容外科でも処置できる

いぼの治療は美容整形外科でも受けることが可能で、局所麻酔による処置なので痛みが少ないことや、跡が残りにくい点が魅力です。いぼのほとんどはウイスル性のため、傷口からの感染に気をつけ、感染後は早めに処置することが大切です。

詳しく見る

美容整形外科で治す

男性医師

仕上がりが綺麗なのが利点

皮膚にできた小型の痒みや痛みの伴わない突起物をいぼといい、多くはそのまま治療せず放置していても生活に支障は出ません。ただ見た目的に良くないため、顔をはじめとして目立つ部分にできた物は除去する方も少なくないようです。この際に行ういぼの治療法ですが、通常の医療機関では液体窒素や医療用のピンセットを使って取り除くことになります。液体窒素やピンセットで行う治療は、刺すような痛みを伴うのが普通です。また除去した跡が色素沈着して残ってしまうこともあり、突起物がなくなった後に新たな外見上の問題を抱えてしまうことになりかねませんでした。対して美容整形外科の治療は仕上がりの美しさ重視で施術するため、術後に傷跡が残ったり色素沈着になってしまったりするような状況を避けることができます。通常の医療機関では治療優先のため、その辺りは後回しになりがちですが美容整形外科ならそんなこともありません。また例え跡が残ったとしても、美容整形外科でそれを治す新たな施術を受ければ目立たない程度に修復することもできます。通常の医療機関ではそこまではやってくれませんから、フォローしてもらえる体制が整っている美容整形外科を利用するのがトータルではお得です。まず何よりきれいに治すことが最優先なら、美容整形外科で施術してもらうのが一番といえます。なにより仕上がりの見た目が最優先される美容整形外科でよく使われるのは、炭酸ガスレーザーと電気メスです。どちらになるかはいぼの大きさや数にもよるので、一概にはいえません。炭酸ガスレーザーや電気メスのいいところは、いぼ以外の周囲に影響がほとんどでない点です。ゆえに施術後の傷跡を、必要最小限に抑えることができます。さらにレーザーの照射や焼き切る形で患部を取り除くため、出血がほとんどみられません。そこに加えて施術中の痛みも麻酔で感じないようにできるので、痛みや出血で不快な目に遭うことがなくてすむはずです。しかも炭酸ガスレーザーなら小回りがきくとあって、メスを入れにくい小鼻や眉などの凹凸がある部分にも簡単に施術を行えます。その上で施術後すぐにシャワーやメイクをすることができ、日常生活に戻りやすいというのも美容整形外科で施術するメリットでしょう。ちなみに普通は美容目的でいぼの治療をしても保険の適用はされませんが、電気メスを使った治療なら条件次第で適用になることもあります。運良くそうなれば、通常より治療費を安くすることも不可能ではありません。術後は若干傷跡が残るものの、数カ月程度経過すればきれいに皮膚が修復されていきます。仕上がり重視でいぼの治療をするのであれば、美容整形外科で治療を受けるのがおすすめです。